メニュー

最新の更新情報

1986年11月14日 岡山放送 全国ジュニア歌謡選抜

                                                    

 

岡山笠岡市民会館にて

螢火情話

 

1986年11月14日 ~11月20日                                                

 11月14日           テレビ番組「全国ジュニアー選抜」に出演(岡山笠岡市民会館にて)

 11月15日           名古屋キャンペーン(三重にて三重テレビに出演)

   11月16日           名古屋キャンペーン(南塘町など色々な場所にて)

 11月18日                   レッスン

 11月20日                   走れ歌謡曲

  

1986年11月13日走れ歌謡曲

                                                    

 

 

1986年11月7日 ~11月13日                                                

 11月7日            レッスン

 11月8日              北海道稚内に移動 (飛行機の中で樺太を見た、初めて見た外国)

   11月9日            HBC出演(稚内総合文化センター)

   11月10日                  札幌演歌祭りリハーサル(札幌市民会館)

   11月11日                  札幌演歌祭り本番(札幌市民会館)

   11月12日                  移動日(札幌⇒東京)

   11月13日                 走れ歌謡曲

 幸ちゃんコスモス”が満開です!     文責 武中秋一

                                                    

“幸ちゃんのホームページ愛読者の皆様へ”

幸ちゃんの愛したコスモス。

秋に幸ちゃんの顕彰碑を訪れられた方は、すぐに思い出される事でしょう。顕彰碑の隣の畑に咲いているピンク色の美しいコスモスを。彼女が大好きだった花、それは、“コスモス”と“カサブランカ(百合)”だと、お母さん、鈴木一子さんから聞いています。

さて、ここからは、“幸ちゃんコスモスプロジェクト”の今日に至る経緯等についての文章ですので、興味のない方は、写真だけをご覧いただいて読み飛ばして下さい。

約2年前の春に顕彰碑を訪れた長岡市の小山良夫さんと佐藤清美さんが、お母さんから、“庭に咲いた幸子の好きだったコスモスの種です。”と託されました。その種が紆余曲折を経て、今年、佐藤さんの実家の畑で本格的に栽培して頂いた結果、美しく開花しました。 写真をご覧下さい。見事な“幸ちゃんの微笑み”ですよね。全体で7畝と伺っています。佐藤さんとコスモスが写った写真をご覧ください。2メートル以上ですね。 実は、コスモスは、順調に育ちすぎると、風に弱く、倒れてしまいます。今回も多くの畝のコスモスが折れ曲がり、お二人が、一生懸命倒茎防止の作業をして下さいました。本当に有難うございます。

この種は、小山さんから、千葉県の澤田東幸会会長と八王子市のゆーきちさんにも分けて頂いています。そして、同じ気持ちで“幸ちゃんコスモス”を育てて頂いています。お二人にも心から感謝申し上げます。

更に知り合いの方々に育てて頂くと同時に、以前から幸ちゃんの心に沁みる歌声と彼女の事跡を若い世代に受け継いでいきたいと切望している小生は、この種を“幸ちゃんコスモス”として、地元の小中学校の生徒が育て、若い世代に彼女の事を代々語り継いでもらいたいと考え、村上市に関係する学校関係者や市会議員等の方々にお話をしてきました。残念ながら、小生の力不足で未だその構想は実現していません。が、勿論、全く諦めた訳ではありませんので、現在も手探りで進行中です。 最後になりますが“プロジェクト”という形で、村上市民の参加を得て、後世に“幸ちゃんコスモス”を広げる活動を何とか結実させたいと思っていますので、引き続きご協力をお願い申し上げます。

 5055
 
5056
 
5057
 
5058
 
5059
 
5060
 
5061
 
5062
 
5063
 
5064
 
5065
 
5066
 
5069

1986年11月6日走れ歌謡曲